12センチの男の子の仕上げ

d0079147_15362433.jpg
d0079147_15370178.jpg




空が急に暗くなってきて、雷が近くに聞こえてきた。
先日の大きな雷のようなのがまたくるかと思ったら、また青空に戻っていた。
今日で八月も終わり、暑くても ひと区切りついた気分になってくる。

制作中だった12センチの男の子を完成させた。
全体に彫りあとを磨きすぎないように、丁度いいニュアンスのところに落ち着くように心がけた。
どこまでつるつるにすればいいかは、その時その時の人形によって違うので、いつもその丁度いいところを探しながら作っている。

顔を描くのも描き過ぎないように気をつけて。
素朴な温かさや表情の余韻を大切に完成させたい。
 






d0079147_15372159.jpg





d0079147_16461422.jpg







[PR]
# by hirokodoll | 2018-08-31 16:46 | 人形の制作 | Comments(0)

新しい12センチの男の子の顔

d0079147_15505979.jpg




台風の風にあおられて、茂った葉の下で、青い柿の実がいつの間にか大きくなっているのが見えた。
まだまだ暑いけれど、季節は秋へと移ろっていっているのを感じる。

12センチの新しい男の子を作り始めた。顔を作り始めたら、意外と早い段階でイメージが出来てきた。っと思ったはずだったのだけれど、少しすすめているうちにふっとそのイメージが遠くに行ってしまった。表情の柔らかさがどうも出てこない。再び自分の納得できるところに落ち着くまで、ほんの少しづつ彫っていった。 幼い子供のふっくらしたかんじを大切にしながら。

やっと自分の今の気持ちにしっくり重なるような顔になった。

人形と見つめ合った時、思わず時間を忘れてしまうような人形が作れたらいい、と願っている。






d0079147_15511501.jpg





d0079147_16461422.jpg








[PR]
# by hirokodoll | 2018-08-24 17:10 | 人形の制作 | Comments(0)

12センチの男の子、つなぎと顔描き

d0079147_16004821.jpg




お盆が終わって、朝窓を開けるとサラッとした風が吹いていた。シオカラトンボまで飛んでいて、急に季節が変わっていく早さを感じた。

12センチの男の子の体をつないで、座れるようにした。
小さくて重たさがないので、意外と安定しにくくて難しい。

顔はほとんど磨かないで木の彫りあとを生かして描いてみた。目は下書きなしで一発勝負で描いていく。
彫っていく時に顔のボリューム感やシルエットのイメージをだいたい決めていって、仕上げの段階はその時の気持ちを、ふうっと重ねられたらいい、と思う。

瞳が生き生きと描けるかどうかが、この人形が可愛くなるかどうか、なのでとても面白くて緊張する。






d0079147_16010407.jpg





d0079147_16461422.jpg








[PR]
# by hirokodoll | 2018-08-17 17:08 | 人形の制作 | Comments(0)

12センチの男の子、顔の比率

d0079147_15435369.jpg




台風が通り過ぎて また夏の日差しが戻って来た。蝉の声がいっそうボリュームアップしたように聞こえる。

12センチの男の子を作り始めた。作っていく時は前からだけでなく角度を変えながら横側、後ろ側、上から、下から彫っていく。

顔の奥行きがほんの少し足りないので、顔の幅と顔の長さとの比率を見直しているところ。全体の比率が求めているイメージ
と違ってしまうと、進めても自分の気持ちとなんとなくしっくりこない。

全体の比率のバランスが人形の可愛らしい印象を決めるのにとても大切。
細かい表情を作る前に、じっくり確認してから進めたい。






d0079147_15431418.jpg





d0079147_16461422.jpg







[PR]
# by hirokodoll | 2018-08-10 16:28 | 人形の制作 | Comments(0)

ロンパースやパンツ、靴

d0079147_15434213.jpg





もの凄い暑さが続く中、プランターの日々草は ぐんと背丈が伸びてきた。すぐに土がからからに乾いてしまうので、朝夕の水やりがかかせなくなっている。

12センチの人形に、下着のパンツを縫ったり、靴下を縫ったり、靴や男の子のロンパースを作った。

小さい人形の服はほんの何 ミリかの違いで体にフィッとするかどうか変わってくる。そのかげんで可愛らしさも左右される。仮縫いをして、型紙を微調整してから仕上げた。

靴は柔らかい羊の革で作った。ボリュームが出すぎない革選びとデザインが大切。

人形の持つ個性がストレートに生かせるように服も靴もできるだけシンプルなデザインにした。





        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・



群馬県桐生市にある 外国のオルゴールや、ランプ、人形を扱うお店『とおりゃんせ』での夏の人形展に、21センチと18センチの人形2体出品します。

展覧会の頃は古くからの大きな夏祭りがあって賑わいがあるとのことです。

お近くにお越しの際にはどうぞお立ち寄り下さい。



『夏の創作人形展 2018』


日時: 2018年7月22日(日)~2018年8月6日(月)

営業時間: 12:00 ~ 19:00 定休日:不定休のためケイタイへお問い合わせください。


『DOLLとオルゴールの店 とおりゃんせ』


群馬県桐生市末広町8−20

ケイタイ:090-6790-7132

Tel/Fax: 0277-22-8777 





d0079147_15435487.jpg






d0079147_16461422.jpg








[PR]
# by hirokodoll | 2018-08-03 16:52 | 人形の服 | Comments(0)