<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

18センチの男の子の顔

d0079147_16332870.jpg



30センチの人形と平行して、18センチの男の子の人形を作っている。
子供らしい形を探しながらすすめている。
一人の子供、の印象がだんだん決まってきた。




d0079147_16333940.jpg
d0079147_16334992.jpg


先日、「ヘアモード」という雑誌の取材を受けた。
5月号の「不気味の谷へようこそ」の コーナーに掲載された。
「不気味の谷」とは、ロボットなどで、リアルさが本物により近づいて、不気味に感じられ違和感に変わってしまうことを言うそうです。
不気味の谷から遠ざかるには、どのような意識で造形をしているのか、どのようなデフォルメをしているのか、
木という素材へのこだわりなどの質問に答えました。






d0079147_16335759.jpg





d0079147_16461422.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2018-03-30 17:37 | 人形の制作 | Comments(0)

新しい顔

d0079147_15462818.jpg




チューリップの蕾が、もう少し暖かくなるのを待っているように 葉の間に隠れている。
肌寒い空気の中、ちらほら咲き始めたユキヤナギの白が、静かに浅い春を告げている。

30センチの男の子を作り始めた。顔の印象をさぐっているところ。
頭で描いたイメージと、現実に現れた形にはどうしてもズレがあるけれど、イメージに縛られすぎないようにしたいと思っている。自分でまだ、見た事のない自分の人形と出会いたいので、現実の形を受け入れたい。

作り始めのこの段階は何かに身をまかせるような気持ちで作っている。





d0079147_15463962.jpg





d0079147_16461422.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2018-03-23 17:16 | 人形の制作 | Comments(0)

キャラメル色の胸当てパンツ

d0079147_16191530.jpg
d0079147_16192566.jpg
d0079147_16193680.jpg




夕方散歩の途中で、ふと角を曲がると、真っ白いモクレンが目に入った。暮れかけた空へと、花びらが次々と浮かんでいくように咲いている。いたずらに吹く風に揺れながら春の訪れを感じさせてくれる。

30センチの男の子の人形に、キャラメル色のコーデュロイの胸当てパンツを作った。
胸当ての部分の製図は、胸とパンツの上下で分けるか、胸の真ん中から左右で分けるデザインにするかで少しイメージが変わる。子供らしいおなかのでっぱりの形が より、つたわりやすいように、左右で分けるデザインにした。
抱き上げた時におなかのさわりごこちもいい。

コーデュロイの生地が わりと厚みがあったので重たいかんじにならないように胸当ての形は小さめにして、パンツのたけを短めにした。

ミルクティー色の靴下を編むところ。





d0079147_16195032.jpg






d0079147_16461422.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2018-03-16 17:28 | 人形の服 | Comments(0)

チョコレート色のセーター

d0079147_16040351.jpg


昨日からの雨は、まだ見えないくらいの細い雨になって残っている。 グレーの雲がとてもゆっくり動いているのが見える。
そのはしの方が少しだけ明るくなりかけてまたグレーになった。

先日顔を仕上げた30センチの男の子に深いチョコレート色のセーターを編んだ。
ベージュやグリーン系の毛糸も合わせてみたけれど、この人形の子供らしさを引き出してくれるような気がして、
この毛糸に迷わずに決まった。アンゴラのしっとりホワホワの風合いが体になじんで、セーターの下の形も感じられるのが嬉しい。触りごこちもとても気持ちいい。

キャラメル色のコーデュロイのパンツを作るところ。





d0079147_16041787.jpg





d0079147_16461422.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2018-03-09 17:26 | 人形の服 | Comments(0)

顔の仕上げ

d0079147_16321057.jpg



3月に入ったら、急に暖かくなった。本格的な春に向かって季節が進んでいっているのが草花のみずみずしさに感じられる。
椿の蕾もだいぶ大きくなってきた。

制作中の30センチの男の子は磨いたり全体の様子をみたりしながら、少しずつ仕上げていっている。
髪の毛の部分は彫りあとを残して、でこぼこを生かしながら髪を描いて質感を出してみた。

眉毛は描き方で顔の印象がとても変わるので描く時は緊張する。幼い子供のたよりなげな印象に仕上げたい。

目も気持ちをぐっと集中するところ。
目だけを見て描かないように、全体のバランスをみながら。

やっと求めていた子供のイメージに、人形がすうっと重なってきた。





           ・・・・・・・・・・・・・・・・・




2月21日(水)よりおこなわれている第12回 和の創作人形 『倉敷ひいな~雛遊~』展に34cmの人形1体出品しています。お近くの方はどうぞお越し下さい。


第12回 和の創作人形 『倉敷ひいな~雛遊~』展

倉敷美観地区内 ギャラリー十露(本館にて)開催

2018年 2月21日(水)~3月4日(日)

平日:11:00-16:00 土日:10:30-17:00 最終日 16:00

岡山県倉敷市本町3-9

TEL086-423-2577

倉敷駅より徒歩で15分(倉敷美観地区内)



第12回 和の創作人形 『倉敷ひいな~雛遊~』展


 Facebookページ




d0079147_16211132.jpeg



           ・・・・・・・・・・・・・・・・・





2月24日(土)より、[ギャラリー ぶんかとう]でおこなわれる『2018 創作和人形展』に55cmと34cmの人形2体出品しています。お近くの方はどうぞお越し下さい。



『2018 創作和人形展』

ギャラリー ぶんかとう 

2018年2月24日(土)~3月4日(日)

am11:00~pm6:00 会期中無休

福岡県行橋市西泉7丁目16-21

Tel0930-23-5653


ギャラリー ぶんかとう ホームページ






d0079147_16322151.jpg






d0079147_16461422.jpg








[PR]
by hirokodoll | 2018-03-02 16:39 | 人形の制作 | Comments(0)