人気ブログランキング |

横浜美術館の気になる企画展を観た

横浜美術館の気になる企画展を観た_d0079147_2195579.jpg

『4人が創る「わたしの美術館」展』という展覧会を見に横浜美術館に行った。

横浜美術館のコレクションを広く紹介して見近に感じてもらえるように、と企画されたもので、脳科学者、茂木健一郎さん、タレントのはなさん、小説家の角田光代さん、写真家の荒木経惟さんの、4人のゲストキュレーターがここの美術館のコレクションの中からそれぞれの視点で作品を選んでいる。

普通の展覧会だったら誰々の作品がある、というのが判っているけれど、この展覧会はなにが出てくるか判らないおもしろさがある。4人の展示している部屋のまったく違う雰囲気をじっくり楽しみながら見た。荒木経惟の部屋の鏑木清方の遊女の絵が静かな迫力があって印象的だった。はじめて見る作家や作品も新鮮だった。とくに、はなさんの部屋には写真家、鈴木八郎ののどかな写真や川上澄生の木版などほっとするような作品が多くて心地よかった。

『4人が創る「わたしの美術館」展』横浜美術館 8月17日(日)まで

<はなさんセレクトの作品より>


横浜美術館の気になる企画展を観た_d0079147_231438.jpg藤本四八《善財童子》
1956年 (昭和31)
ゼラチン・シルバー・プリント
54.6×44.6cm
横浜美術館蔵
横浜美術館の気になる企画展を観た_d0079147_23119100.jpg川上澄生《シュークリーム》
1930年 多色木版 黄つや紙
25.5×33.5cm
横浜美術館蔵
横浜美術館の気になる企画展を観た_d0079147_231488.jpg

ミュージアム・ショップの”ガチャポン”で購入『マルスとヨセフ』


by hirokodoll | 2008-07-12 22:55 | 観た展覧会 | Comments(2)
Commented by maquis at 2008-07-21 21:42 x
うちのヨセフは石膏バージョンです。
写真のは大理石バージョンですか?
マルスはまだ出てないなー。
でも『シークレット』の馬頭(大理石バージョン)は出してます。
Commented by hirokodoll at 2008-07-21 23:47
毎日暑いですね。
二つとも大理石バージョンです。
石膏バージョンの方がディテールがよくできていて
馴染みがありますよねぇ。昔、デッサンして上手く描けなく
よく肩がこった記憶があります。

<< ベースになる表情 姿勢と道具 >>