人気ブログランキング |

姿勢と道具

姿勢と道具_d0079147_16163749.jpg

どんよりと低かった雲が風におし流されて光がさしてくると急に空が高くなったように見える。

梅雨時は木も湿気を吸っているから、いつもより固く感じられる。

ここのところ、彫刻刀やのみを使う時、自分の足のももに沿わせるような動きを意識してみたら、持つ力も彫る力もいくらか楽になった。微妙なひじの角度で力が集まりやすくなった。胸の前で彫る時も右手の力だけでなく、左右から力を集める意識を強めたら今までより力が分散されなくなってきた。指だけに負担がかからないようにしなくては。

どういう姿勢で彫るかは、とても大切。背中を丸めて前かがみになっていると、かならず首や肩が痛くなる。彫ることに夢中になっていると、つい、忘れがちだけれど、後々ひびいてくる。背中はできるだけ丸めないで腹筋を意識して彫るようにこころがけている。

見た目はそれほど変わらなくても、自分の体のどこに力が入っているかを意識するだけでも疲れ方が違ってくる。道具と自分の体の角度が、どうなっているか、手首は変な角度で無理をしていないか。疲れはしばらく時間がたって蓄積されて出てくるからとても怖い。

もともと腕力には全く自信がないのに、無謀にも初めた木彫りを末永く続けていくためには、手をいためないよう充分注意深くなくてはいけない。

姿勢と道具_d0079147_1724480.jpg

by hirokodoll | 2008-07-04 17:24 | 制作の道具 | Comments(0)
<< 横浜美術館の気になる企画展を観た 心を整えて >>