靴作り

d0079147_16402171.jpg
d0079147_16403215.jpg

今年の夏は、散歩をしている時によくゴーヤを見かける。はじめは何の葉なのかわからなかった。そのうち蔓からぶら下がったぷつぷつのゴーヤを見てやっとわかった。そのぶら下がった様子がなんだか愛嬌があって面白い。

ツイードの毛糸で靴下を編んでから、靴を作っている。以前作った同じくらいの大きさの人形の型紙を修正して、まず片方の足だけ作った。なかなか一回でちょうど満足いくように出来ることが少ないので、念のために。つま先の膨らみや、足首のところの曲線が綺麗にいくように、わりと柔らかめの羊の革を使った。

途中まで作って、試しに合わせてみると大きさには問題がないのだけれど、全体のバランスのかんじがほんの少したよりないような気がした。ちょうどいい靴のかたさがほしい。持っている似たような革を比べて並べて表にしたり裏にしたり。綺麗すぎる質感では物足りないし、あまりダメージのありすぎる革は、いい味に見えればいいけれど、汚れに見えてしまっては困る。

悩みながら、少し厚めの革を使うことにした。つま先のところのぐし縫いをしたら思ったよりも、柔らかかった。曲線のところも強力な接着剤に助けられてどうにか出来そうだ。

d0079147_1844368.jpg

浅草橋の革屋さん『タカラ産業』、羊の革がたくさんあります。

[PR]
by hirokodoll | 2009-08-21 18:01 | 人形の服 | Comments(0)
<< 写真撮り お盆 >>