<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

綿入りちゃんちゃんこ

d0079147_16155953.jpg

窓を開けると、どこからか金木犀の香りが漂ってくる。夕暮れに歩いている時もふうっと道に漂っている。すっかり秋になったんだ、と思わせる甘い香り。

24センチの男の子の人形に綿入りちゃんちゃんこを作っている。少し華やかな色の縞模様にするか、渋い色の方にするか迷って、合わせて見ているうちに、さっくりとした木綿の素材感と黒地に細い栗色の入ったかんじが初秋の今の気分に重なってきて、渋い方で作りたくなってきた。

綿をしっかりと入れたので、人形を手に持った時の印象がまた違って感じられる。

最後にひもの太さと長さの調節をしているところ。



d0079147_16161270.jpg



d0079147_17571345.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2015-09-25 17:55 | 人形の服 | Comments(0)

腹掛け

d0079147_1546281.jpg

夏に出来上がった18センチの人形と先日出来上がった24センチの人形の腹掛けを作った。

気に入って集めた生地を、人形に合わせてあれこれと迷いながら決めた。小さい方の人形の生地は、大正時代の更紗で江戸時代に流行った柄を復刻したもの。柄が面白いので作ってみることにしたけれど、うるさすぎるか心配だった、つけてみたら色が渋かったので大丈夫だった。衿元の赤は紅花で染めた、明治時代のもの。色に生命力を感じる。

大きい方の人形の木綿の生地は湖のような深みのある青に惹かれて決めた。胸元の生地は茜で染めた、たしか大正時代のもの。

色や柄を合わせていくと、人形が違った表情になって見えるのが面白い。



d0079147_15461571.jpg



d0079147_16454624.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2015-09-18 16:44 | 人形の服 | Comments(0)

24センチの男の子完成

d0079147_1556073.jpg

久しぶりに真っ青な空を見た。雨が何日も続く前の青さとは違う青になっていた。木々の水滴がまだキラキラと光っている。

制作途中だった男の子が完成した。いつも可愛いさの中にもうれいが感じられるようにと想いながら作っている。体をつないでみたら高さはほぼ24センチだった。思っていたよりもほんの少し大きめだった。

ちょっと磨きのこしているところもあるけれど、ニュアンスとして残してみて後から気になったところは磨けばいい、と思う。時間がたってきて木の色が落ち着いてくると、見え方も変わってくるので、しばらく様子を眺めて、自分の気持ちがここでいい、と思えた時がほんとうの完成。



d0079147_15562066.jpg



d0079147_1772014.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2015-09-11 17:07 | 人形の制作 | Comments(0)

顔を描いた

d0079147_16143119.jpg

暗くなってきて雷が一つ、ゴロゴロッとなったと思ったら、予想に反してみるみる間に晴れてきた。慌てたようにセミがなき出した。

23センチくらいの男の子の人形の関節や手や足がだんだん出来てきたので、顔を描いてみた。木の肌の色を生かして柔らかい表情に描きたい。瞳は透明感を大切に描き過ぎないように。

顔が甘いムードなので髪の毛はザックリした雰囲気を少し残したい。



d0079147_16144568.jpg



d0079147_170860.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2015-09-04 16:58 | 人形の制作 | Comments(0)