<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

穴開け

d0079147_1556361.jpg

台風の風が吹き抜けて、青い空が高く澄んでいる。金木犀の甘い香りがどこからか漂ってくる。

34センチの女の子の関節の穴を開けている。いつもと同じ種類のカツラの木を使っているのに、今回の木はなんだかとても固い。同じ種類の木でもその度に、固さが違っているものだけれど、この木は驚くほどに木の目がぎゅっと詰まっている。

普段ならいっぺんに開けるドリルの穴も途中で止まってしまうので、細めの刃で開けてから太いので開けている。木の目の方向に斜めに穴を開ける肩のところは木が割れてしまわないように、特にハラハラする。

開けた穴にピアノ線を入れて関節が出来上がる。



d0079147_1557273.jpg


d0079147_16462180.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-09-26 16:44 | 人形の制作 | Comments(0)

情感のある形

d0079147_1628616.jpg

34センチの女の子の人形は、全体の情感を深めていくために、もう一歩踏み込んだ形を探したくなった。どの部分を見ても、それは全体の情感につながっていくためのものでなくてはならない、と思う。たとえば、足の甲から指へといたるほんのわずかなところでも、神経をゆきわたらせたい。

情感を表す要素の柔らかな形も中から膨らむだけの単純な曲線だけでは、柔らかさを感じさせることができない。相反する形も同じに意識することが必要なのだと思う。

形をつきつめていくことは細部にすすんでいくことではなく、どうしたら自分の思いを形に重ねられるかを、実践していくことなのだと思う。



d0079147_16294416.jpg


d0079147_17532280.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-09-19 17:51 | 人形の制作 | Comments(0)

おおまかな形

d0079147_17212268.jpg

公園へ行く途中の道にも紫式部の実が光り、空気が澄んで感じられるようになってきた。午後の日差しも柔らかくなった。夏から秋へ、移ろいのスピードがすうっと速くなったような気がする。

54センチの女の子の人形を、少しずつすすめている。全体のかんじを確認しながら、おおまかな形を作っているところ。




d0079147_1721758.jpg


d0079147_1718327.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-09-12 17:17 | 人形の制作 | Comments(0)

カツラ

d0079147_1624317.jpg

先日実家の私の部屋を久しぶりに片付けていたら、棚の隅の方から子供の頃のスケッチブックが出て来た。スタイル画のつもりだったのか、昔っぽいかんじがおかしかった。

34センチの女の子の注文していたカツラが出来てきた。髪の量を少し少なめにと頼んでおいたので、本当の子供のような雰囲気になってきた。


d0079147_1613338.jpg


d0079147_1743353.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-09-05 17:01 | Comments(0)