<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 人形展の準備

d0079147_1634766.jpg
d0079147_1643327.jpg

一月の末にしては暖かくて穏やかな日が続いている。紅い梅もふっくらほころんで、一足早い春の訪れを見てほっとする。

2月の後半に出品する和装の人形の身支度の準備をした。

上の写真の18センチの人形に古い時代の茜色の木綿で腹掛けを作った。ちゃんちゃんこは明治時代のフランネルを使っている。生地を買う時にお店の方に色々教えてもらって、わくわくしながら聞いたのを思い出す。生地にハサミを入れる時ちょっとドキドキする。

下の写真の21センチの人形のちゃんちゃんこと、腹掛けは天保更紗と言う大正時代の生地で作った。江戸の天保の頃に流行った柄を復刻させたもので、もともとは日本にはなかった連続模様で、インドからきたハイカラな模様だったらしい。

小さな座布団に座らせてみた。



d0079147_1692244.jpg


d0079147_1819147.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-01-31 18:18 | Comments(0)

ヘアースタイル

d0079147_1548692.jpg

寒い日が続いている中で、ヒヤシンスの芽がだんだん大きくなっている。土から出て来たういういしい緑色が愛おしく感じられる。

18センチほどの小さな女の子の人形を作っている。作っている途中でヘアースタイルを考えているところ。女の子だと、男の子よりもいろいろなスタイルができるので悩んでいる。かつらをつけているようにならないように子供の自然な感じにしたい。

モヘアの白い元毛を染料で染めて頭にのせてみたり、三つ編みができるように髪の幅をそろえてミシンで縫って三つ編み用の形を作ってみたりしている。



d0079147_15545391.jpg


d0079147_1737876.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-01-25 17:34 | Comments(0)

古い作品写真

d0079147_16213244.jpg
d0079147_16214390.jpg

お正月に、実家の取り出しにくい場所にしまってあった学生時代からの作品の写真を持ち帰ってきた。美術の専門学校の油画科で2回だけ彫塑の授業があった。頭部像と全身像の作品の写真を見ると、作っていた時の記憶が蘇ってきた。堅い粘土をくっつけていく時のわくわくする手触りと、全身像をほぼ仕上がりに近づいてから気がついた足の平の位置の事。重心を考えると足の角度とかかとをもっと奥にしたいと思いながら、上体が壊れてしまうのではないかと、おっかなびっくり押してみたけれど動かず、重さもあっておもいきってずらせなかった。最後まで重心のかかりかたが気にいらなかった。

今、30年前の写真を見てやっぱり気になってくる。ああもう一度目の前にあったらどうしても直したい。と残念な気持ちになってくる。



d0079147_176453.jpg


d0079147_176042.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-01-17 17:02 | Comments(0)

新しい年

d0079147_1603553.jpg

お正月は実家に帰り、毎年近くの川沿いの道を歩いて神社に行く。今年もいつものように神社でお参りをした。実家は街の賑わいのある方とは離れていて不便だと思うことの方が多いけれど、この川沿いの道から綺麗な夕焼けを見ながら歩く時だけは、こっちの方に家があってよかった、と思う。

お正月が終わり東京に戻ると、寒さもいちだんと厳しくなってきた。


d0079147_1605981.jpg


d0079147_15542949.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-01-10 15:54 | Comments(0)

元旦

d0079147_15019.jpg

d0079147_1123056.jpg


d0079147_122519.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2014-01-01 00:53 | Comments(0)