<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜の木の小さな顔

d0079147_16242551.jpg

ソメイヨシノの後を追いかけるように咲き始めたシダレザクラが、お寺の白い塀の向こうから雨の前のなまぬるい風に揺れている。信号をそのまま渡ってしまうのが惜しいような気分になる。

途中になっている18センチの桜の木の人形の手、足を少し進めた。木が硬いのでやっぱり手がかなり疲れて思うようにいかない。顔のイメージが薄れてこないうちに、気持ちを集中させて顔を先に完成に向わせることにした。

磨きもなかなか手ごわかったけれど、つまった木目がおでこのあたりのこつんとした丁度いい硬さになった。

彩色を始めて、ちょっと様子をみている。



d0079147_18294688.jpg


d0079147_18315733.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2013-03-29 18:17 | 人形の制作 | Comments(0)

大きな顔

d0079147_16114846.jpg

いつの間にか桜の花が咲き始めて、あっという間に満開になっていた。ここ数日の暖かさでヒヤシンスやユキヤナギ、真っ赤な椿、春の訪れを教えてくれる花々が競い合うようにいっせいに咲き始めた。

作っている途中の18センチの桜の木の人形が硬いので、平行して桂の木のいつもより少し大きな顔を作ってみている。大きいと乾燥してきた時にひびが入りやすいので、シルエットがだいたい出来てきたところで、頭の後頭部をノコギリで切って、頭の中をアボカドの種を取るように丸くくり抜いているところ。



d0079147_16121392.jpg


d0079147_175352.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2013-03-22 17:50 | 人形の制作 | Comments(0)

人形の体

d0079147_1548870.jpg

寒さと暖かさを行きつ戻りつしながら、だんだんと穏やかな春の空気になってきた。夕暮れも西の空に夕焼けを残しながら、ゆっくり沈んでいくようになった。

1月くらいから作り始めた、桜の木の18センチの人形の全体が出来てきた。桜の木がとても硬かったので、手を痛めないように気をつけながら少しずつ彫った。

小さな人形の手を左手に持って彫る時、安定して持っていないと危ないのだけれど、時々ポロッと指先から逃げていきそうになる。ささえている手がいつの間にか疲れていたりする。

どうにか体全体の感じが出来てくると、人形から一人の子供に向っていっているような気がして嬉しい。



d0079147_15482698.jpg


d0079147_17341023.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2013-03-15 17:33 | 人形の制作 | Comments(0)

顔のイメージ

d0079147_16343984.jpg

数年前、能面の写真集の中に弱法師という名の盲目の少年の面を見た。目を閉じたその顔の静かさに強く心が惹かれた。あどけない表情の中に少年に見えている内側の世界が深く広がっているように思えた。いつのまにか自分の探している顔のイメージに重なって時々頭に浮かんでは消えるようになった。

その面影を追いかけながら、いつもより少し大きな顔を作ってみたくなって、準備をしている。



d0079147_16345628.jpg


d0079147_18492827.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2013-03-08 18:49 | 制作の想い | Comments(0)