<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

靴下と靴

d0079147_18211090.jpg

33センチの人形の靴下と靴を作り終えた。

前回の人形の靴下と同じツィードの毛糸で編もうと思っていたのだけれど、手持ちの分では足らなかったので、いつも行く輸入毛糸が揃っている毛糸屋さん、青山にある三つ葉屋さんに行った。

同じ毛糸がなかったので、変わりによさそうなのを探していたら、「本来はセーターなどの修理用に使う糸なので細いけれど、これを2本どりで編んでみたらどうだろう」と、お店の方が小さく巻いてある糸を教えてくれた。2本の糸を一緒に編むのは、あまり慣れていないのだけれど、その毛糸の微妙なニュアンスのある色のムードに惹かれて編んでみることにした。

間違えてほどき直しをしたりすると、からまって大変そうだったので、できるだけ慎重に編んだ。

編んでみるとセーターのフンワリした風合いとは少し違うザックリした感じになった。全体に柔らかい統一感を出したいけれど、全部が柔らかいと物足らないので、部分的に素材の質感に変化が出て面白くまとまったように思えた。



d0079147_187075.jpg


d0079147_1871278.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2012-05-25 18:05 | 人形の服 | Comments(0)

パンツの仕上げ

d0079147_1625639.jpg

お昼頃、急に空が暗くなって雷が鳴りさっと雨が降り出した。どんどん雨音が強くなってきたと思ったら、また青空が見えて、爽やかな風が吹いてきた。

33センチの男の子のツィードのパンツを縫っている。生地は以前輸入生地専門のお店で買ったもの。べージュの地色にワイン色、ポツポツとオレンジや黒が入っているのが気に入っている。いつか使おうと楽しみにしていた。シックな雰囲気もある生地なので、ポケットは横から手を入れるデザインにした。

すそ丈をほんの少し短くした方が全体のバランスがひきしまるかもしれない、と離れて様子を見ているところ。



d0079147_1871161.jpg


d0079147_1873757.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2012-05-18 18:04 | 人形の服 | Comments(0)

ベージュのセーター

d0079147_1792283.jpg

花屋さんの店先に夏の花が並び始めた。いつも春と秋の衣替えの頃に植え替えているプランターの花を、今年の夏はどんな花にしようかと、気になってきた。目に留まった赤くて小さめのペチュニアに似ているのをお店の方にたずねると、「まだ値段をつけてなくて」と、並べているところだったので、また楽しみを次にすることにした。

服を着せていなかった33センチの人形のセーターを編んだ。とても柔らかい風合いの毛糸なので、きちっと編むより、ラフなかんじに編みたくて、しばし悩んだ末に太めの編み棒を使って編んでみた。

はじめは気がつかなくて編んでしまったのだけれど、編んでいるうちに、毛糸に対して、棒が太いと編み目から棒がぬけやすくて、編んでいる指の力かげんや糸のひっぱりかげんがつかみにくい事に気がついた。

ほんの少しの太さの違いなのに、じょじょに指や肩に負担がかかってくる。思ったよりも時間がかかって出来上がって着せてみると、とてもふわんとしたかんじになっていたので、やっぱりこの人形にはこれが似合っていたのかもしれないと思った。



d0079147_18594927.jpg


d0079147_1901584.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2012-05-11 18:54 | 人形の服 | Comments(0)

磨き直し

d0079147_15503612.jpg

雨が上がってやっと気持ちのいい日差しになってきたと思ったら、またさっと雨が通り過ぎていった。春のお天気は、ほんとうに変わりやすい。

何年か前に作った33センチの人形を磨いてみている。木の色が時間とともにやけて、落ち着いた渋い風合いになってきたのだけれど、肌の透明感があつたほうが子供らしく見えるように思えてきた。

磨いているうちに木のぱさっと乾いたかんじから、しっとりとした、なめらかなかんじになって子供の肌に近くなってきた。

表情も少し気になっていた硬さがとれて、柔らかくなってきたような気がする。



d0079147_1755164.jpg


d0079147_17534752.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2012-05-04 17:51 | 人形の制作 | Comments(0)