<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

木目と描写

d0079147_15594181.jpg

まだ梅雨時なのに、急に暑くなって、すっかり夏がやってきたかんじだ。夕方になっていくらかでも涼しい風が吹いてくれるのが待ち遠しい。

以前作った人形が時間がたつうちにだんだん色が濃くなってきて、面白い雰囲気がでてきたように思えた。でも表情がもの足らないようにも思えてきたので、何週間か前から、細かい紙ヤスリや綿の手拭いで磨いたり、生ぬかを入れた小さい袋でこすったりして様子をみていた。刃物を使って顔を彫り始めると印象があまりにも変わりすぎてしまいそうだったので、手を加えるのは最小限に留めておいた。

生ぬかの袋でこすると、しっとりとした艶が出てきて木目が浮かび上がってくる。色もさらに濃くなって人形がなんとなくたくましくなってきた。

木目の強さに負けないように、眉毛を少し勢いよく描いてみた。頰に赤味をさして木目の強さと顔の描写のバランスを見ているところ。

      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『長谷川裕子人形展ー夏の日の子供ー』

2011年7月4日(月)〜7月10日(日)

12:00~19:00(最終日17:00まで)

柴田悦子画廊

〒104-0061東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F

TEL・FAX 03-3563-1660



d0079147_17331120.jpg


d0079147_17471411.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2011-06-24 17:31 | 人形の制作 | Comments(2)

箱の実験

d0079147_16204397.jpg

雲がどんよりと低くて一日中夕方のように薄暗かった。7月の個展まであと2週間ほどになった。

画廊に展示した時、小さめの人形も、見やすい目線の高さになるように、壁に展示する為の箱を作っている。

箱の表面に白い珪藻土を塗ったのがだいたい乾いてきたので、人形を中に立たせてみた。箱の中に灯りをつけたらどんなかんじになるか、灯りの色や位置で、人形がどお見えるかを、実験してみているところ。

      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『長谷川裕子人形展ー夏の日の子供ー』

2011年7月4日(月)〜7月10日(日)

12:00~19:00(最終日17:00まで)

柴田悦子画廊

〒104-0061東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F

TEL・FAX 03-3563-1660



d0079147_1881953.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2011-06-17 17:59 | 人形の素材 | Comments(2)

ほぼ完成

d0079147_16544796.jpg
d0079147_16553856.jpg

紫陽花の花が、淡い水色から少しずつ赤みを増して、紫に変わろうとしている。清々しい色を見ていると、どんよりとした梅雨時の空気を忘れさせてくれる。

顔を描いていた人形をつないでみた。顔を近くから見て描きすぎないうちに、ほどほどのところでつないで、眺めてみることにした。どうしても細かいところを長い時間見ていると左右の形を整えたりしすぎて表情に動きがなくなってきてしまう。多少目や口の形がゆがんでいるところがあったりしても、顔全体の表情がひとつの雰囲気を持っていることが大切なのだと思う。どこで完成とするかはいつも悩む。

木の艶を出す試みとして、生ぬかを、綿のてぬぐいで作った、匂い袋のような形の袋に入れて、人形を軽くこすってみているところ。



d0079147_18462858.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2011-06-10 18:41 | 人形の制作 | Comments(0)

顔描き

d0079147_1961156.jpg

顔を彫っている時、自分の心の中にあるイメージにだんだん近づいてきた、と思いながら、横から見ると少しだけまぶたの高さが気になった。どうしても気になるので手を入れたら、すっと印象が変わってしまった。すぐに戻せるつもりだったのだけれど、なかなか上手くいかなくて数日かかってしまった。

近づいては遠ざかるのを繰り返し、今の自分の気持ちに重なってきたので顔を描き始めた。


d0079147_19293284.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2011-06-03 17:37 | 人形の制作 | Comments(0)