<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手を作っているところ

d0079147_1417672.jpg

お彼岸のお中日が過ぎて、急に秋らしくなってきた。コスモスが今日は少し寒そうに咲いている。

手を作っている。あまりリアルすぎないで、ぷっくり子供の柔らかい感じの手にしたいと思っている。単純すぎず、説明的でなくて、なんかいい雰囲気の味のある手に近づきたい。

いつものことではあるけれど、どうしても木の堅い面の木口のところを彫らなくてはならないので、なかなかすすまない。できるだけ刃の切れが、柔らかい角度を探しながら彫ろうと思っているのだけれど、形に気をとられると彫ることに夢中になってしまう。木の堅さは一定ではないのでそれを感じながら注意深く彫らなくては。

もっと、左の押さえている方の手の力と右の刃物を持つ方の力が上手く自分の体の真ん中で合わさるように意識したい。


d0079147_16301812.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2010-09-24 16:29 | 人形の制作 | Comments(0)

幼い顔

d0079147_1456487.jpg

腕の関節のボールを作りながら、ふと机の上に置いてある顔を見ると、いつもより少し大人びて見えた。ちょっと成長したかんじに思えて、なんだか落ち着かない気持ちになった。頭の大きさは変えられないけれど頰やあごの形を作つたら、もっと幼い雰囲気が出せるだろうか。目はあまり印象を変えたくなかったのでできるだけ手を加えないで。

曖昧になっていた耳のまわりの形を探しながら、頰と頭の量感を確認する。耳から首、耳から頰への形の変化を追っていく。いくらか幼いかんじになってきたような気がする。

まぶたのまわりの膨らみとへこんだところをさぐりながらおでこの形を探す。おでこから頭の形への流れを横からも確認する。人形とみつめあって、会話をするような気持ちで作っていたら、人形が自分の心に近づいてきてくれたような気がした。

d0079147_1713258.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2010-09-17 16:59 | 人形の制作 | Comments(2)

立たせているところ

d0079147_14421723.jpg
d0079147_14423642.jpg
d0079147_14243578.jpg
d0079147_14244844.jpg

台風が通ってここ数日の間に夏から急に秋らしい空気にかわった。途中まで作りかけていた35㎝の人形をまた作り始めた。

立たせられるようにまず、膝の関節のボールの大きさを整えてから、ボールの位置が前後左右ずれていないか確認しながらすすめている。横から見て高さだけあわせることに気をとられていると、ももをのせた時に傾いていたりしてぐらついているのを直すのに手間取ってしまう。足のひらの面の向きかげんもとても大切だ。どこを基準にするか、左右の足のひらを合わせてみたり、いろいろな角度で眺めてみたり。

ももの方に膝のボールが入るお皿を彫っていく時ものせた時の傾きを上から横からひとまわりさせて確認する。

そおっと胴体をのせて全体のバランスを見ながらもものボールが入るお皿を彫る。まだ足がちょっと長くてスタイルがよすぎるので、もう少し深く彫ってみようか、と思いながら頭をのせてみた。


d0079147_16571124.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2010-09-10 16:55 | 人形の制作 | Comments(0)

靴作り

d0079147_14325488.jpg
d0079147_1433544.jpg

サイズがピッタリしすぎている靴をはかせていた人形があって、ずっと気になっていた。作った私自身が脱がせたり履かせたりするぶんには、かかとのところを押し込むちょっとしたこつがわかっているので問題ないのだけれど、誰かが履かせたりする時、もし上手くいかなくてあせったりするかも、と思うと心配になってしまう。無理に力ずくで脱がせたりして革の縫い目が傷んでしまうこともあるかもしれない。

そのうち作ろうと思いながら、のばしのばしになっていた四足の靴を作り始めた。ほんの数ミリの違いだけれど、その数ミリのことが心にいつもちょっとだけひっかかっていた。靴ひもを結んだままほどかなくても履きやすく、脱ぐこともできて、体全体を見た時もバランスが悪くならいように気をつけながら型紙を修正した。

d0079147_16311970.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2010-09-03 16:29 | 人形の服 | Comments(0)