<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

千年前の舟の旅

JR東日本のCM「大人の休日倶楽部」で吉永小百合が「庄内なのになぜ京言葉?」と疑問を抱き庄内を旅するシーンが映されているのを見た。以前、写真家土門拳さんの随筆の中で故郷の山形県酒田の女言葉にも、京都弁が混じっている、というのを読んだことがある。

その昔、危険の多い太平洋側よりも、日本海の比較的穏やかな海路を利用し、庄内米、越後米などが京都の方へ運ばれ、京都の方からもまた物や文化が運ばれていた。その名残が言葉に残っているのだと。

物や文化が運ばれていくのには、川も大きなはたらきをしている。福島県のほぼ中央に位置する会津盆地のあたりから、越後平野に通じる大きな川がある。その阿賀川は時として洪水を出し、暴れ川とも言われるほど、恐れられていたがその川の豊かな水の流れによって、千年前、会津盆地には勝常寺を中心に寺が作られ一大文化圏が構成されていた。

とても興味深く思い、仏像の写真集を見ると、心ひかれる仏像がいくつもあった。なかでも勝常寺の薬師三尊坐像は平安時代の地方仏として代表的と言われ、穏やかで、堂々としている。その端正な顔だちには、どこか中央のふんいきを感じる。この土地の広葉樹のけやきを使っているので、ここで作ったらしい。会津の腕自慢の仏師が作ったのだろうか。それとも、京都から派遣された仏師が、はるばる海や川を舟にゆられてやって来て作ったのだろうか。千年前の舟の旅とは、どんなものだったのだろう。想像をふくらませてみる。

阿賀川空中散歩(空から見た阿賀川の写真が見られます)

写真は製作中の人形。やっとパーツが出来てきました。

d0079147_1862835.jpg
d0079147_1864195.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2007-09-28 17:58 | 制作の想い | Comments(0)

表情について

d0079147_16429100.jpg
d0079147_1644398.jpg

喜怒哀楽がはっきりと、わからない顔が作りたいと思っている。

笑っている顔、哀しい顔と、一つの感情しか見えない顔は、もの足りないように思えるからだ。角度によっていろいろな表情に見えてくるような顔が作りたい。出来上がってから誰かが見る時に、いろんなふうに見えたらいいと思う。

だから、できるだけ作っている時の自分の気持ちも抑えたい。自分が抑えたつもりでも、それでも、出てきてしまうものが、何なのかを見たい。それは自分自身の心の底にあるものなのかもしれない。

ひと彫りするごとに、残っていくかたち、変わっていく表情を大切に、敏感に反応しながら作りたい。


[PR]
by hirokodoll | 2007-09-20 16:35 | 人形の制作 | Comments(0)

橋の上の風景

d0079147_1620647.jpg

日に日に秋の気配が濃くなってきている。気がつくと、夕暮れもすっかり早くなってきた。

今年の夏もほんの数日、実家に帰った。あまりの暑さに少し躊躇しつつ、買い物に駅の近くの商店街まで歩いて行った。途中には、子供の足で7、8分くらいの川がある。家を出た4時頃は、まだ太陽がギラギラと照りつけていたが、帰りは暮れかけて、橋の上は気持ちのいい風が吹いていた。ふり返ると、東の空は夜の暗さになっていた。家のある方は、橙色の夕焼けが黒く横たわる山をくっきりと浮かび上がらせていた。頭の上は夜と夕方の色がとけあっていた。

子供の頃から、あたり前のようにこの橋を渡った。学校へ行く時、街へ行く時。優しく撫でるような風や、恐ろしく叩きつける冷たい風を頬に感じ、いつも同じようで、同じでない川の流れ、山の色を見ていた。毎日がけしてとどまってはいないことを、いつのまにか体で理解した。

夕焼けは、みるみるうちに、山の向こうにすいこまれ、最後は赤い線になって、消えていった。

写真はいつも渡っていた「思い川・観光橋」と、夏の間に作っていた胴体と足。


d0079147_1722924.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2007-09-14 16:21 | 制作の想い | Comments(2)

研ぎについて

d0079147_16441195.jpg
d0079147_16442859.jpg

どんなに良い刃物でも研がなくては切れなくなってしまう。木彫りを初めた時、刃物の研ぎ方も全く知らなかった。図書館の木工の本を見ながら覚えた。

時々、木工好きの友人が家に遊びに来た時には、研いでもらって、その姿勢を見たり、コツを聞いたりした。でも、とにかく研ぎは経験して体で覚えていくしかないらしい。その時聞いてピンとこなかった言葉も、今になって、このことだったのかな、と思ったりする。

彫刻刀や切り出しなど、いろいろ形が違うから研ぎ方も違う。丸刀は形に合わせて砥石に溝を作って回転を加えながら研ぐ。回転のかげんは刃物や人それぞれの力にもよるから決まっているわけではない。切れるようになったかどうかを木の断面の固い木口のところで試してみる。彫ったところが、ツヤッと光るくらいになると、だいぶいい切れあじになってきている。自分の顔を刃先に映してみて、キラッとした中にはっきり見えてくると少し嬉しくなってくる。安い刃物がたのもしく見えてくる。

彫った木くずを見て、刃物がどれだけ研げているかがわかる、というような凄い人もいるらしい。私は、初めはそんな話を聞くと、こんなかんじでいいんだろうかと、不安で自信がなかった。でも、ずっと研ぎのことばかり考えているわけにはいかない。作品を作りながら、研ぎの奥深さもわかってくればいいかな、と思うようになった。やっぱり経験を積む以外ないんだと。できるだけ手が疲れないように、まめに研いでいる。


[PR]
by hirokodoll | 2007-09-07 17:44 | 制作の道具 | Comments(0)