カテゴリ:人形の服( 94 )

21センチの男の子のセーター

d0079147_15384672.jpg


浅草橋吉徳でひらかれる「にんぎょう うらら展」に出品する21センチの男の子の人形のセーターを編み始めたところ。

まだラフにざっくりとしたかんじの人形にセーターを着せてみてから、もう一度少しだけ手をいれて仕上げようと思っている。

完成の一歩手前の遊びをもたせた仕上げ方で、いつもとほんのひと味違う素朴さの試みをしてみたい。





       ・・・・・・・・・・・・・・・・・



10月21日(土)まで「銀座人形館 Angel Dolls」でやっている、『秋の和人形展』に、34センチから55センチの人形を5体ほど出品しています。お近くにお越しの際にはどうぞ、お立ち寄り下さい。


 

『秋の和人形展』

日時: 平成29年10月13日(金)~  平成29年10月21日(土)

営業時間: 11:00 ~ 19:00 木曜日定休日


「銀座人形館 Angel Dolls」

東京都中央区銀座7-9-16 銀座ロータリービル 2F

Tel: 03-5537-5534 Fax: 03-5568-5596




d0079147_22301093.jpg


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




10月28日(土)より、浅草橋の吉徳さんで行われる『第六回 にんぎょう うらら展』に出品します。

伝統の市松人形と現代の創作人形が集う展覧会です。人形の制作体験教室、人形の骨董市、古裂販売などもあります。


私は10体ほど出品します。


11月1日(水)、2日(木)に制作実演を行います。


お近くにお越しの際にはどうぞお立ち寄り下さい。



【第六回 にんぎょう うらら展】

会期:2017年10月28日(土)~11月5日(日)

会場:吉德浅草橋本店1・3・4階

時間:10:00~17:00

休日:期間中無休

入場料:無料

アクセス:JR浅草橋駅東口徒歩1分 都営地下鉄浅草橋駅A2出口すぐ





d0079147_22440060.jpg
d0079147_16001418.jpg
d0079147_16002530.jpg





d0079147_15385949.jpg





d0079147_16004429.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-10-20 16:10 | 人形の服 | Comments(0)

ワンピースの丈

d0079147_16132327.jpg



一度花が終わったトコナツナデシコが早くも次の花を咲かせた。強くなった日差しを浴びて
ピンと背伸びしているように咲いている。夏が来たのを感じる。

34センチの女の子のワンピースがだいたい出来上がった。裾丈の確認をしているところ。
微妙な長さの違いで子供っぽい足の可愛らしさが出せるかどうかが、決まってくる。

人形全体のバランスの可愛らしさもスカート丈にとても左右されるので、少し離れて眺めている。

まだ、肌がういういしい色白だけれど、時間がたっていくらかしっとりとした深い色になったところを
想像してみる。






d0079147_16133481.jpg





d0079147_16134464.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-06-02 17:01 | 人形の服 | Comments(0)

ワンピース

d0079147_15550788.jpg



強く降っていた雨が上がって、木々の緑がいっそう濃く見える。
吹き抜けていく風が気持ちいい。どこからか山鳩の鳴き声が聞こえてきた。

春さきに仕上げた34センチの女の子の服を作っている。自分が幼い頃に着ていたような、なんとなく懐かしいかんじのワンピースを作っている。人形の服を考える時はいつも、自分の子供の頃の服のイメージを浮かべる。人形の服、ではあるけれど、実際に子供が着ていそうな雰囲気を目指している。

服を着る時の場面も想像してみたりするのはとても楽しい。




d0079147_15552938.jpg





d0079147_15555648.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-05-26 16:59 | 人形の服 | Comments(0)

ワンピースの襟

d0079147_16292316.jpg




みずみずしい若葉がキラキラと光っている。楓の葉もいつの間にかだいぶ茂ってきた。

先週試作を作っていた52センチの女の子のワンピースの本縫いをしている。型紙作りにじっくり時間をかけていたのだけれど、やはりすすめていくうちに細かいところであれこれ迷う。

麻の襟をつけてみているところ。身頃の質感と少し変えたいので接着芯をつけてスッキリとした印象にしてみた。でも芯はつけない襟の方が人形とのなじみがいいのだろうか、それとも色をもう少しベージュがかった色にした方がしっくりくるのだろうか。

白い色の方が人形にどこかにいる子供のようなリアリティーが出て面白いように思えるので、色はこのままで、ほんの少し形と質感を変えてみたらどうか、と眺めている。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





来週の土曜日5月13日から『第36回エコール・ド・シモン人形展』が始まります。34センチの男の子の人形を1体出品しています。新緑の綺麗な季節、お近くまでお越しの際にはどうぞお立ち寄り下さい。



『第36回 エコール・ド・シモン人形展 』

2017年5月13日(土)→5月21日(日)11:00→6:30

ただし最終日のみ6:00までとなります。

会場:ROPPONGI STRIPE'S SPACE

〒106-0032 港区六本木5-10-33 ストライプハウスビル Tel.03-3403-6604




d0079147_18111453.jpg

出品者
研究科
高橋早葉子 横川浩子 南雲典子 
高橋竜男 石橋まり子 奥本泉 齊藤志保  山田恵子 佐藤珠子 上田摂子 松山智子 加藤愛一 
芝 姜子  Blackmamba a.k.a. Yoshi 竹内かおる 高村園子 斉藤 修 さいとうなおこ 石田麻衣子  東 ルカ 長瀬紫乃 菊地知子 赤松和光 わにふち 神田光子 酒井晶子 高橋正之 鈴雪 仕入順子 菅原光湖 関淳子 稲井恒彦 真木環  

専科 望月美樹 小林正幸 成嶋純子 戸田雅子 今村建朗 實川節子 福島けやき 赤堀和子 関屋理恵 真鍋えり子 松本久美子 村上順子 杉山郁子 山口友里 


OB出品   小沢幹子 謝 智恵 長谷川裕子 宮﨑美枝 すぎもとはるえ 佐藤久雄 檜物美菜子 辰 政 刀祢健二 河瀬昇 青城 良 福丸亜矢 松本光太郎   

東急セミナーBe教室    須田幸子 福武順子 国仲直子 そまみほ

 

             高塚 宏 小沢 茂


             四谷 シモン








d0079147_16293502.jpg





d0079147_16294547.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-05-05 17:33 | 人形の服 | Comments(0)

服の試作

d0079147_15435610.jpg




さらりとした風が吹き抜けていく。洗濯物を干していると、お隣の家の青いアイリスがいくつも咲いているのが見えて、清々しい気分になってくる。

少し前に作った52センチの女の子の服を作り始めた。
何種類か生地を用意してから、どの生地でどんなデザインで作ろうか、頭の中でずいぶん考えていたのだけれど、なかなか決まらなかったので、試作を作りながら考える事にした。

寸法を計って型紙をおこして人形に合わせてすすめていくうちに、やっぱりシンプルなデザインの方がいいとはっきり思えてきた。始め頭の中にあったイメージはもっと華やかなものだったのだけれど、どこかにいそうな子供、に見える服、に落ち着いてきた。






d0079147_15440975.jpg






d0079147_15442122.jpg








[PR]
by hirokodoll | 2017-04-28 16:53 | 人形の服 | Comments(0)

オレンジ色のベレー帽

d0079147_15590005.jpg




近くの公園の梅の花がだいぶほころんでいた。紅梅白梅が何本も植えられているそこだけ一足先に春が訪れたように暖かそうに見える。しだれ梅が風になびいてピンクの丸い花が枝先からこぼれ落ちそうに揺れていた。

以前作った34センチの女の子の人形にオレンジ色のベレー帽を編んだ。
オレンジ色はなかなか気に入ったオレンジ色の毛糸が見つからないのだけれど、このイギリスの毛糸はとても好きな色なので、編んでいてワクワクした。好きな色を見ていると不思議と楽しい気持ちになってくる。

丁度良いサイズよりも少し大きめにした。ちょっとだけアンバランスなのもこの人形には可愛いように思えて。






d0079147_15591199.jpg





d0079147_15592892.jpg






[PR]
by hirokodoll | 2017-02-03 17:12 | 人形の服 | Comments(0)

頭巾

d0079147_16162220.jpg



以前作った桐塑の34センチの人形を、2月に福岡のぶんかとうギャラリーでやる和人形展に出品するので着物の生地で頭巾を作った。

生地は戦前か、大正の終わりくらいのもの。祖母のお姉さんが若い頃に着ていたらしい。
化学染料が流行っていた時代だったのか、とても鮮やかな色使いだ。縮緬に牡丹や藤が小さめの柄でちりばめられているので、見ているとうきうきと華やいだ気持ちになってくる。

裏地は紅色の別珍で顔のまわりは少し折り返してみた。表地と裏地の間に少し真綿を入れたので、さわるとふっくら柔らかい。

着物の生地と別珍の組み合わせってなんとなくロマンチックなムードで、惹かれる。





d0079147_16164825.jpg





d0079147_16170280.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-01-27 17:08 | 人形の服

白いセーターの子供達

d0079147_16114423.jpg
d0079147_16115839.jpg


いつの間にか雑草の間のセンリョウの実も紅く色ずいて、年を越す準備がすっかり整っている。
季節外れの温かさに、年の瀬がなんとなくピンとこなくてのんびりとした気分になってくる。

木彫りの人形を作り初める前に作っていた、桐塑の人形を久しぶりに出してみた。

写真の一体めの人形は、木を粉にしたものを粘土状にして固めて形を作り、石の粘土で形を整え、貝の殻を粉にした胡粉を塗って仕上げる方法で作った73センチの人形。

二体目は原型を作り、何層も張り子紙を固めて、胡粉で仕上げた63センチの人形。

見ていると作っていた頃の気持ちを想い出してくる。




d0079147_16121009.jpg





d0079147_17154448.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2016-12-23 17:13 | 人形の服 | Comments(0)

胸あてズボン

d0079147_15505195.jpg

先週セーターを編んだ24センチの男の子の人形に胸あてズボンを作った。

セーターの厚みがあるので、ほんの少しゆとりをもったサイズにしたいのだけれど、ブカブカではシルエットが決まらない。2、3ミリの違いが印象を変えてしまう。着た時に人形全体が前から見ても、横から見てもピシッと良い形になっていなくては。簡単そうなところで思うようにいかなくて、何度も縫い直すこともある。

その反面人形の服は一般的な洋裁の上手い下手ではなくて、ちょっと上手くいかないところも、見ようによっては味わい深く見えてきたりするので、そのかげんが難しくて面白いところだと思う。




       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



来週の土曜日5月14日から『第35回エコール・ド・シモン人形展』が始まります。34センチの男の子の人形を1体出品しています。新緑の綺麗な季節、お近くまでお越しの際にはどうぞお立ち寄り下さい。



『第35回 エコール・ド・シモン人形展 』

2016年5月14日(土)→5月22日(日)11:00→6:30

ただし最終日のみ6:00までとなります。

会場:ROPPONGI STRIPE'S SPACE

〒106-0032 港区六本木5-10-33 ストライプハウスビル Tel.03-3403-6604




d0079147_16485096.jpg


出品者
研究科
高橋早葉子 田原ひろし 横川浩子 南雲典子 石橋まり子 奥本泉 齊藤志保  山田恵子 佐藤珠子 上田摂子 松山智子  
芝 姜子  Blackmamba a.k.a. Yoshi 竹内かおる 高村園子 西村祐寿 斉藤 修 さいとうなおこ 石田麻衣子  東 ルカ 長瀬紫乃 菊地知子 神田光子 酒井晶子 松本光太郎 高橋正之
千葉美帆 仕入順子 関淳子 稲井恒彦  

専科 中島由美恵 菅原光湖  十一本 真木環 小林正幸 成嶋純子 戸田雅子 今村建朗 實川節子 坂井彩 福島けやき 鈴木希 真鍋えり子 松本久美子 


OB出品   小沢幹子 謝 智恵 長谷川裕子 すぎもとはるえ 平林早都美 佐藤久雄 檜物美菜子 辰 政 江間未来 河瀬昇 青城 良 福丸亜矢 レオニダス   

東急セミナーBe教室    須田幸子 福武順子 亀島利子 国仲直子 そまみほ

 

             高塚 宏 小沢 茂


             四谷 シモン 

『エコール・ド・シモン 四谷シモン人形学校』のHP





d0079147_17213011.jpg




d0079147_17215675.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2016-05-06 16:35 | 人形の服 | Comments(0)

ツイードのセーター

d0079147_1622120.jpg
d0079147_1623653.jpg

楓の葉が風に揺れている。緑の濃淡が重なりあったり離れたり、光りの中で遊んでいるようだ。

24センチの男の子の人形に、先週作ったシャツとは違ったイメージで、ちょっと渋めのイタリアのツイードの毛糸でセーターを編んだ。人形に着せた時にしっとりと柔らかな風合いがしぜんに馴染んでくれる。触るとお腹の形も手に伝わってくる。

よく見ると糸の中にほんとに小さくブルーや黒など入っていてセンスを感じて楽しい。




d0079147_162554.jpg




d0079147_17561796.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2016-04-29 17:54 | 人形の服 | Comments(0)