季節のもの

d0079147_1533275.jpg
d0079147_1533137.jpg

先日、八百屋さんでわらびを見かけた。くるんとした愛嬌のあるかたちに惹かれて買ってみた。初めてだったので料理の本を見ながら作った。あくを抜くために、重曹をふりかけて熱湯をかけて、わらびが浮いてこないようにちよっと重しをして、一晩置いておいた。途中、水が真っ黒になっていてびっくりしたけれど、理科の実験のようで面白かった。無事に美味しく出来上がった。

春先になるとお店に並ぶ、ふきを煮るのも好きだ。これもあく抜きにはひと手間かかる。半透明に透きとおった緑色にできると綺麗で嬉しい。その季節にしかないものに出会うと、心がそそられる。花わさびなども、ほんの短い期間しか見かけない。柔らかな葉につうんとした香りがいい。季節のものを見つけるのはいつも楽しい。

制作中の人形は手足が出来てきたので、そおっと顔をのせてシルエットを確認しているところ。

d0079147_19485677.jpg

[PR]
by hirokodoll | 2009-06-19 17:02 | 人形の制作 | Comments(0)
<< 梅雨の晴れ間 革の準備 >>