帽子と気配

d0079147_21221519.jpg
d0079147_21222974.jpg

学生時代、国立に住んでいた時、紫陽花の咲く道に気になる帽子屋さんがあった。と、言ってもお店か、アトリエかもよくわからなかった。夕方、友人の家に遊びに行く途中の閑静な住宅街の中にそこだけポワーンと明るかった。柔らかなオレンジ色の光の中でいくつもの帽子が浮かびあがっていた。

オーガンジーが幾重にも重なっていたり、バレエのチュチュのようなリボンがついていたり、羽根がついている帽子はほんとうに軽やかに飛んで行きそうに見えた。ガラスの向こうにエレガントな夢のような世界があった。美しい女性が集ってティーパーティをしている様子を想像してみた。時間を忘れてしばらく眺めていたが中に人の気配がなかった。

何十年もたってからテレビで国立の街を紹介する番組で、そこが出ていた。若い頃、ヨーロッパで生活していた、おしゃれな老婦人のやっているアトリエだった。長年のなぞが解けた。もしかしたら、ほんとうに見たのか、実は夢だったんじゃないかと、思いかけていた。

5月の個展の時、画廊の壁に、幾つか帽子を飾った。ただ帽子を飾っているのではなくて、「誰かの帽子」でありたかった。誰かの気配を感じさせるようなものにしたかった。

「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」昔、角川映画の宣伝によくテレビで流れていた言葉、「西条八十」の詩集からの引用が、ふっと頭に浮かんできた。

d0079147_22343831.jpg

今も素敵な帽子を作っていらっしゃいます、

国立の帽子アトリエ関民さん

関民さん

[PR]
by hirokodoll | 2007-07-06 22:24 | 人形の服 | Comments(5)
Commented by ガラ at 2007-07-11 21:50 x
こんばんわ。夢の中のような国立の帽子のお店・・・ホントにあったんですねェ。先日の個展に伺えなくて、帽子も見れなかったので残念です。実は3月まで勤務していたビルが柴田悦子画廊のすぐ近くだった事もあり、是非にと思っていたのです。なかなか伺えないですが、またお知らせいただければうれしいです。では~!
Commented by hirokodoll at 2007-07-12 15:18
スローなペースでの人形作りですが、また見ていただける日を、心から楽しみに制作に励みたいと思っています。
Commented at 2007-07-25 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-07-27 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dai100100100 at 2007-08-25 11:38
関民さんがちい散歩という番組で紹介されていました。
上品なおばあちゃんでありながら、キャラが面白い人でした。
素敵な帽子がいっぱいで、もはや、アートですね。

さて、この記事を私のブログのページでご紹介させていただいたお知らせも兼ねて参りました。もしも、このご紹介について不都合があれば、お詫びを申し上げると共に、その旨、私のページの最新のコメント欄にご一報下さればうれしいです。確認でき次第、紹介の方はとりやめさせていただきます。もちろん、リンク継続OKということであれば、ご一報下さる必要はございません。今後ともよろしくお願いいたします。(最新のページ)http://sapuri777.blog31.fc2.com/
↓掲載のページです。
http://sapuri777.blog31.fc2.com/blog-entry-517.html
<< 骨格と形 『マルレーネ・デュマス展』を見た。 >>