革張りの準備

d0079147_15575306.jpg




近所の家の風船かずらが風船の数を増やしているのを、通りながら気になって見ている。
猛暑の中でも、一瞬楽しい。

52センチの革張りの男の子の革を張る前の準備をすすめている。
革を立体裁断の型紙のような形にして張っていくので、張りやすい形に体や足に切れ込みの溝を彫っていっている。

山羊の大きな革のどの部分を一番目立つ胴体に使うかが大切なのでしばらく動かして、眺めて見ている。部分によって微妙に質感が違っている。ザックリしているところ、しなやかなところ。おとなしくなりすぎると物足りないし、ダメージっほいところが目立ちすぎてもわざとらしくなってしまう。いい加減のところを落ち着いて探したい。






d0079147_15580625.jpg





d0079147_15581797.jpg







[PR]
by hirokodoll | 2017-08-25 16:52 | 人形の制作 | Comments(0)
<< 「にんぎょう うらら展」の打ち合わせ 52cm革張りの男の子 >>